採用情報

先輩からのメッセージ

インフラや構造物の維持管理
人々の暮らしを守り支える
プロの一員であることが誇りです。
九州支社 営業部 営業グループ髙岡 晃一Kouichi Takaoka2012年入社 : 情報工学部・情報工学科

Interview

川崎地質を選ばれた理由は?
身近な人たちの役に立つ仕事がしたいと
まったく分野の異なる世界に飛び込みました。

私は、大学で情報工学を学び、SEとして働いていました。会社や仕事に不満は抱いていなかったのですが、突如襲った東日本大震災の報道を見て、本当にいまの仕事で満足なのかと自問自答するようになりました。「もっと身近な人々の役に立つに仕事に携わりたい」その思いが強くなる中、出会えたのが川崎地質です。インフラ整備や構造物の維持管理など、社会の重要な分野で多くの実績を持つこの会社で働きたいと、まったく異分野の業界に飛び込みました。SEから営業と職種も変わることに不安はありましたが「自分もこれで少しは社会の役に立てる」という喜びの方が大きかったですね。

当社では、新人研修として営業職も「どんな技術があるか、どのようなことができるか」を学びます。その研修に営業の先輩が参加され「営業はなにを行うのか、どんな役目を担うのか」を具体にレクチャーしてくれました。その話を聞きながら、これから新しい人生がはじまるのだと、身も心もぐっと引き締まったのを覚えています。

最初は、大変だったのでは?
先輩方に指導いただいたことを積み重ねて自分のものに。

私は、官庁のお客様を担当させていただいていますが、それまで一般企業の仕事をしていたので、「入札」というシステムも初体験でした。まず入札前には、参加資料を作成する必要があり、案件に応じて当社にはどのような実績、技術があるのかを正確に表現します。企業へのプレゼン資料に似ていますが、官庁の場合、定型文で様式内に収めて表現しなければなりませんので、慣れるのに苦労しました。

営業に大切なのは「お客様の要望、条件をしっかりとつかむ」ことです。でも最初は、見積りを作成するために、お客様からなにを聞き出せば良いのかもわかりません。先輩と一緒にお客様を訪ね、そのやり方を学びながら覚えていきました。リサーチした情報は、技術部の仲間と共有し、どんな技術を用いて要求を満たし、予算内で実現できるのかを積算していきます。この積算の方法も先輩に1から教えていただきました。本当にわからないことだらけでミスばかりの新人でしたが、時には厳しく指導していただくことで、一つずつ自分のものとして積み重ね吸収してきた感じです。

営業になって良かったと感じることは?
熊本地震の早期復旧に向け、少しでも貢献できていること。

熊本地震が発生した時、偶然、熊本に出張していたのですが、街が混乱している中、職員は誰に言われるまでもなく、すぐ現地に出向き早期復旧に向けて行動していました。私もその一員として動けたことを誇りに思います。当社には、道路の下に空洞ができていないかを調べる独自の装置・技術があり、いまはそれを駆使して復旧に役立つことはできないかと提案をしています。東日本大震災の時にはなにもできなかった自分が、少しでも社会に役立つ仕事をできていることがうれしいですね。

私もいつかは「この仕事なら川崎地質の高岡」と、お客様から名指しで仕事のご連絡をいただけるような信頼関係を築いていきたいと考えています。それにはまずお客様に「名前と顔」をしっかり覚えていただくこと。社内でも技術部の仲間とも密に連携し、当社の技術の素晴らしさを教えてもらい、それをお客様に最適な答えとして提案ができるように勉強をしています。本当にまだ学ぶ点がたくさんありますが、努力しただけ手応えを感じる仕事、それが川崎地質の営業だと思っています。

1日のスケジュール 例えば、こんな1日です…

08:45出社したらまずはメールチェックお客様、社内のスタッフと状況を確認。スケジュール調整から1日がはじまります。
09:00外回りに出発アポイントを取ったお客様のもとへ。
見積りを取るために必要な情報をお客様よりしっかりとリサーチします。
12:00ランチは外回りの途中で
13:30帰社して技術部と検討お客様からの要望、条件をもとに、それらを、どう満たしていくかを技術部と検討
15:30見積りを作成技術部の意見を取り入れ見積りを作成。
最後に翌日のスケジュールを調整します。
19:00仕事終わりの一杯!そんなに飲みにいく方ではありませんが、仕事終わりに仲間と飲む一杯は格別です。

休日の過ごし方 OFFを楽しむ…

趣味は、ゴルフです。社内の仲間はもちろん、地元の友人や仕事を通じて知り合った同業者とも一緒にプレイしています。10年以上やっていますけど、なかなか上手にはならないねとみんなにからかわれています(笑)。いろんな人とワイワイ笑って楽しめるゴルフを、ずっと続けていきたいですね。

上司からひとこと

九州支社 営業部 部長後藤 学
高岡に任せておけば大丈夫、
そんな営業に一歩ずつ成長してほしい。

SE出身ということで、積算なども難なくこなす能力は期待通り。コツコツとまじめに頑張る姿勢を評価していますし、これからもっと経験を積み、技術的な知識も増やして、お客様の信頼を勝ち得てほしいと期待しています。彼の幅広い人付き合いは、社会人としての大きな財産です。みなさんもいまの友人、そしてこれから広がる人との付き合いを大切にしてください。社会に出ると、コミュニケーションできる人ほど、他人よりいち早く成長できますからね。




このページのトップへ

Copyright All right reserved Kawasaki Geological Engineering Co. Ltd.