海洋・資源・エネルギー

海洋・資源・エネルギー

海洋調査の先駆者として、独自技術で探査困難な水域や深海へもチャレンジ
業界でもいち早く海洋分野に挑み、技術や探査・機器の開発とともに実績も積み重ねてきました。
そのノウハウと物理探査技術をベースに、沿岸域や海域での現地計測から
データ処理・解析までを自社で一貫対応します。

Service01

2D&3D音波探査・データ処理

沿岸・浅海域における基本探査手法、海域地質構造解析のメインデータを提供

2D音波探査では、海底下の地層断面情報を視覚的に得ることができます。目的や地域特性、現場状況に応じて、音源(発振)の種類・受振機器・測線設定など最適な方法を提案いたします。さらに、3D音波探査を実施して地質構造を3次元的に解析することにより、2D音波探査では捉えることが難しかった横ずれ断層などの重要な地質構造を明らかにすることができます。


Service02

水上バイク測深

抜群の機動力と経済性、小型船舶でも航行できない水域の調査に威力

当社が開発した、河川・湖沼・沿岸などの極浅い水域、狭い水域における新しい測深技術です。水上バイクに測深機と測位装置を搭載。身軽に動ける水上バイクの機動力を活かし、効率的に水面下の地形を把握します。また、水面に浮遊物や障害物がありプロペラ(通常船舶)では推進困難な場所でも威力を発揮します。


Service03

AUV(自律型無人潜水機)&ROV(有索無人探査機)

高分解能海底調査の必須ツール、探査対象に接近して高精度・高密度データを取得

海底熱水鉱床、メタンハイドレートなどの海底資源探査には、AUVやROVによる調査が不可欠です。調査船による海面からの調査と異なり、AUVやROVは海底付近での計測・探査が可能なため、高密度・高精度の各種データ(マルチビーム測深器、サイドスキャンソナー、サブボトムプロファイラー、CTDセンサー、3成分磁力計)が得られます。当社では、測定データの処理・解析を通じて海底資源開発の一翼を担っています。


Service04

海底重力計

海底で陸上と同等の重力データを提供、海域活断層や海底資源探査に最適

海底重力計は海底でも陸上と同じ精度の重力測定ができる装置です。海底重力探査により、海底下深部の基盤構造・密度構造の推定が可能になるため、海域活断層調査や海底資源探査に適しています。この調査機器は水深6,000mまでの耐圧仕様のため、沿岸から深海まであらゆる海域に適用可能です。また、オールインワンのオフライン方式を採用しているため、通常のワイヤーケーブルと小型船舶を用いた調査やROVを使った深海での調査も容易に行えます。


専門技術を活かして、自然エネルギー分野を幅広く

首都圏事業本部の探査部では、地質・地球物理・フィールド調査の専門技術者を擁し、計画立案・調査・解析まで、ワンストップ・コンサルティングを提供しています。海洋地質調査だけではなく、地熱・地中熱・洋上風力などの自然エネルギー分野にも力を入れ、お客様の"こんなことができないか"という声に対応。
きめ細やかなサービスでご期待にお応えします。

このページのトップへ

Copyright All right reserved Kawasaki Geological Engineering Co. Ltd.