ニュース一覧

NEWS

2024.05.24採用情報
2025年度 3期募集を行っております マイナビにてエントリーを受け付けております。

2024.05.17お知らせ
入社式と第1回新入社員研修のご報告 4月1日 (月)に新卒社員11名、中途社員4名の新入社員を迎え、2024年度入社式を行いました。
栃本社長から新しい仲間に向けた祝辞が送られ、入社した日をいつまでも忘れないよう、激励のお言葉をいただきました。
新卒社員には、4月24日までの約3週間、本社にて第1回新入社員研修を行いました。
そこでは、当社の事業や保有技術の紹介、安全講習、ビジネスマナー実習、現場・技術の見学・学習、プレゼン体験など多種多様な研修を実施しました。
入社式と研修の様子はこちらよりご覧いただけます。
2024.04.11IR情報
第74期第1四半期決算短信を掲載いたしました 第74期第1四半期決算短信を掲載いたしました。詳細は決算短信等をご覧ください。
2024.04.01技術情報
WIND EXPO 2024 第13回国際風力発電展に出展しました 2月28日~3月1日に東京ビックサイトにて開催された「WIND EXPO 風力発電展[春]2024」に、中央開発株式会社様とビジネスパートナーシップを組み出展いたしました。
開催期間中に、一般社団法人日本風力発電協会(JWPA)様のブースで、当社の技術者によるセミナー講演を開催させていただきました。
期間中は国内外を問わず、多数のお客様に来場いただきました。大変ありがとうございました。

KGE&CKCビジネスパートナーシップ(外部サイト)

開催状況についてはこちら
2024.03.06技術情報
令和6年能登半島地震への当社の対応について この度の令和6年能登半島地震により被災された皆様に心よりお見舞い申し上げます。
当社では、発災後に北陸支店を中心に、被災地の復旧対応を行っております。
一日も早い被災地の復旧と復興に向けて、関係機関と連携し、総力をあげて対応してまいります。

[復旧支援]
新潟県地質調査業協会及び建設コンサルタンツ協会北陸支部からの要請を受け、国及び地方自治体が所管する施設の災害箇所において、調査・設計に従事しています。

建設通信新聞

建設コンサルタンツ協会北陸支部

[液状化に関する共同研究への参画]
九州大学マス・フォア・インダストリ研究所の短期共同研究に研究題目『令和6年能登半島地震における液状化の発生メカニズムの解明』が採択されました。この研究では、令和6年に発生した能登半島地震における液状化現象を解明し、将来の地震災害対策への貢献を目指すもので、当社も共同研究企業として参加しています。研究の詳細につきましては、以下のリンクからご覧いただけます。

採択研究について

研究計画詳細
2024.03.06採用情報
会社説明会を開催します 2025年3月末卒業・修了予定者を対象とした会社説明会を開催します。
 03月08日(金)10:00~12:00、14:00~16:00
 03月12日(火)10:00~12:00
 03月21日(木)14:00~16:00
 03月27日(水)10:00~12:00

マイナビ2025にて申し込みを受け付けておりますのでお気軽にご参加ください。

説明会案内PDFはこちら
2024.02.27IR情報
第73期定時株主総会を開催いたしました 本日、第73期定時株主総会が無事終了し、新体制となりました。
新体制につきましては、会社概要をご参照ください。
株主の皆様におかれましては、今後とも変わらぬご支援の程よろしくお願い申し上げます。
2024.02.27技術情報
WIND EXPO 風力発電展[春]2024に出展いたします 中央開発株式会社様とビジネスパートナーシップを組み、2月28日~3月1日に東京ビッグサイトにて開催される「WIND EXPO 風力発電展[春]2024※」に出展します。
会期中は洋上風力発電の施設建設に必要な地盤調査・海域調査の方法や技術について、展示・ご提案を行ってまいります。
ぜひお越しください。

【WIND EXPO 風力発電展 [春] 2024】 ホームページはこちら
●開催日時:2024年2月28日(水)~3月1日(金) 10:00 ‒ 18:00(最終日は17:00まで)
●開催箇所:東京ビッグサイト
●ブース番号:西展示棟4階/ブース番号【W18-44】 WIND EXPO 風力発電展
 会場案内図
●入場料:無料(無料での入場には事前登録が必要です)
 WIND EXPO 風力発電展(展示会招待券(無料)お申込み)ページから事前登録が可能です。

※WIND EXPO 風力発電展 [春] 2024は【スマートエネルギーWeek 春展】として東京ビッグサイトにて同時に開かれる国際見本市9
つの展示会のうち、風力発電に特化した展示会です。
2024.02.19技術情報
物理探査ニュースにて大谷石採取場跡地観測所と大谷地下資源研究所展示室が紹介されました 公益社団法人物理探査学会が発行する「物理探査ニュース」において、当社の大谷石採取場跡地観測所および大谷地下資源研究所展示室が紹介されました。
以下のリンクからご覧ください。

●物理探査ニュース 2023 No.60(P4-6)
2024.02.05IR情報
第73期定時株主総会を開催いたします 2月27日、第73期定時株主総会を開催いたします。
第73期定時株主総会の詳細につきましては、以下をご参照ください。

●令和6年 第73期定時株主総会のご案内
2024.01.15IR情報
第73期決算短信(連結)を掲載いたしました 第73期決算短信(連結)を掲載いたしました。詳細は決算短信等をご覧ください。
2024.01.15IR情報
業績予想と実績値との差異に関するお知らせを掲載いたしました 業績予想と実績値との差異に関するお知らせを掲載いたしました。詳細は決算短信等をご覧ください。
2023.12.25企業情報
障がい者雇用に関する取組みについて 当社では障がい者雇用の促進を図る取組みとして、2023年5月より、株式会社JSHが運営する「コルディアーレ大分農園」において障がい者の直接雇用を開始しました。都市部に比べ就労機会が少ない地方での障がい者雇用は、雇用促進のみならず地方創生にも寄与できると考えています。
水耕栽培により農園で栽培した野菜は、子ども食堂や児童施設への寄付など、少しでも社会に役立つよう取り組んでまいります。


農園における雇用者と水耕栽培の様子
2023.11.06技術情報
洋上風力発電の海底地盤調査等に関するワークショップで弊社社員がパネリストとして登壇しました 10/30に東京大学生産技術研究所(東京都目黒区) にて国際ワークショップ「Geotechnics for Offshore Wind」が開催され、弊社社員がパネリストとして登壇しました。本ワークショップは、国際地盤工学会の技術委員会TC-209の主催、地盤工学会およびSociety of Underwater Technology(SUT)の共催により開催されたもので、国内外から250名近い地盤技術者、専門家、学術有識者などが参加し、22編の講演と3つのテーマに関するパネルデスカッションが行われました。

洋上風力発電の海底地盤調査等に関するワークショップで弊社社員がパネリストとして登壇しました

以下のリンクからご覧ください。

国際ワークショップ「Geotechnics for Offshore Wind」
2023.11.06技術情報
「CREST2023」出展のお知らせ 11月21日(火)〜22日(水)の2日間、福岡国際会議場で開催される「CREST2023」(第2回環境に配慮した持続可能な建設技術に関する国際会議)に出展します。
本展示会(ダイヤモンドグレードブース10)では、防災・インフラメンテナンス分野に関連した下記の調査技術を紹介します。
・アンカー法面診断:小型軽量リフトオフ試験機(SAAM式ジャッキ)を利用して、アンカー法面の劣化状態を効率的かつ面的に診断します
・多様な空洞化調査:様々な場所で発生する地下空洞を発見するために開発した多様な地中レーダ機器を紹介します
是非、ご来場ください。

以下のリンクからご覧ください。

CREST 2023
2023.11.06技術情報
「GeoKanto2023」における技術紹介のお知らせ 11月22日(水)に開催予定の第20回地盤工学会関東支部発表会「GeoKanto2023」をスポンサーとして支援します。また、本発表会内におきまして、「洋上風力発電施設向けの海底地盤調査技術」の紹介をいたします。
ご来場の際は、是非ご聴講ください。

以下のリンクからご覧ください。

GeoKanto2023
2023.11.06技術情報
「建設技術展2023関東」に出展します 11月15日(水)〜16日(木)の2日間、サンシャインシティ展示ホールC・D(文化会館ビル2F・3F)で開催される「建設技術展2023関東」に出展します。
本展示会(展示ブースC-52)では、地盤の工学的評価に欠かせない土質試験技術や、防災・インフラメンテナンス分野に関連した下記の調査技術を紹介します。
・室内土質試験:単純せん断試験機など、新たに導入した特殊な試験技術を紹介します
・アンカー法面診断:小型軽量リフトオフ試験機(SAAM式ジャッキ)を利用して、アンカー法面の劣化状態を効率的かつ面的に診断します
・多様な空洞化調査:様々な場所で発生する地下空洞を発見するために開発した多様な地中レーダ機器を紹介します
・陥没予知システム:大谷石の採取場跡地における陥没予知を図るため、地震計など各種計測機器を
 システム化した大谷観測所を運用することで、地域住民の安全確保に貢献しています
是非、ご来場ください。

以下のリンクからご覧ください。

建設技術展2023関東
2023.10.30技術情報
鳴瀬川ダムにおける地質調査業務が紹介されました 当社が国土交通省東北地方整備局より受託した鳴瀬川ダムダムサイト地点の地質調査の対応状況が、鳴瀬川総合開発工事事務所のホームページで紹介されておりますので、ご紹介いたします。
以下のリンクからご覧ください。

国土交通省鳴瀬川総合開発工事事務所HP
『〜未来へつなぐ〜建設現場で活躍する人々』

国土交通省鳴瀬川総合開発工事事務所 SNS『X(旧Twitter)』
弊社の地質調査業務の紹介
2023.10.24技術情報
ベトナム国ラムドン省のワークショップに参加し、発表を行いました 9月21日・22日にベトナム国ラムドン省で開催されたワークショップ「ラムドン省で発生した災害の状況、原因の評価及び解決策の提言」の中で、弊社社員が地すべりハザードマップ作製の重要性や課題、実施例などについて講演しました。
その様子がベトナムの報道機関各社に紹介されました。以下のリンクよりご覧ください。

ラムドン新聞による紹介記事をご覧ください

タインニエンによる紹介記事をご覧ください

ニャンザンによる紹介記事をご覧ください

(記事はベトナム語となりますので翻訳機能等をご利用ください)
2023.10.24企業情報
物理探査学会より功労者表彰をいただきました 2023年10月12日に公益社団法人 物理探査学会より弊社 鈴木敬一が功労者表彰を頂きました。

物理探査学会 功労者表彰
2023.10.16企業情報
埼玉県下水道局より業務表彰をいただきました 10月12日に埼玉県下水道局より弊社北関東支店が業務表彰をいただきました。

埼玉県下水道局 業務表彰
2023.10.16お知らせ
2023年度内定式を行いました 10月2日に2023年度内定式を行いました。
内定式の様子についてはこちらをご覧ください。
2023.10.12IR情報
第73期第3四半期決算短信(連結)を掲載いたしました 第73期第3四半期決算短信を掲載いたしました。詳細は決算短信等をご覧ください。
2023.10.12採用情報
エリア採用を募集しております エリア採用ページの掲載を行いました。
詳細は下記ページをご覧ください。

募集要項(エリア採用)
2023.10.12お知らせ
新入社員研修のご報告 2023年8月28日から30日に弊社の大谷地下資源研究所で新入社員研修を行いました。
研修内容はこちらをご覧ください。
2023.10.02企業情報
西日本支社 滋賀事務所が移転いたしました このたび弊社の西日本支社 滋賀事務所が下記に移転いたしましたので、お知らせいたします。
詳細は事業所一覧をご覧ください。

・新住所:〒520-0232 滋賀県大津市真野2-4-26 TEL 077-572-9361(変更なし) FAX 077-572-9362(変更なし)
2023.09.25採用情報
1DAYインターンのお知らせ 2023年9月29日にオンライン形式で1DAYインターンを開催いたします。
是非ご参加ください。
応募はマイナビ2025よりお願いいたします。(応募締め切り日:9月27日)
2023.09.25技術情報
技術フォーラム2023横浜で優秀技術発表者賞を受賞しました 2023年9月に行われた技術フォーラム2023横浜(一般社団法人全国地質調査業協会連合会主催)で当社社員4名が優秀技術発表者賞を受賞しました。
詳細については、下記のリンクをご覧ください。

全地連「技術フォーラム 2023」横浜 優秀技術発表者賞 受賞者一覧
2023.09.25技術情報
第58回地盤工学研究発表会で優秀発表者賞を受賞しました 2023年7月に行われた第58回地盤工学研究発表会(公益社団法人地盤工学会主催)で当社社員2名が優秀論文発表者賞を受賞しました。
詳細については、下記のリンクをご覧ください。

第58回地盤⼯学研究発表会 優秀発表者賞 受賞者リスト
2023.09.25お知らせ
リースアップパソコンを提供しました 2023年9月10日に当社社員がリースアップパソコンを相模原みのり塾様にお届けしました。
当社の社会貢献活動として、リースアップパソコンを無償提供したものです。
なお、相模原みのり塾様のブログでも紹介されています。

リースアップパソコンを提供
2023.09.25企業情報
中国支店 島根営業所を開設いたしました このたび中国支店 島根営業所を開設いたしましたので、お知らせいたします。
詳細は事業所一覧をご覧ください。

・住所:〒690-0822 松江市下東川津町 131 TEL 0852-67-7074 FAX 0852-67-7084
2023.09.25企業情報
西日本支社 神戸支店が移転いたしました このたび弊社の西日本支社 神戸支店が下記に移転いたしましたので、お知らせいたします。
詳細は事業所一覧をご覧ください。

・新住所:〒651-0087 神戸市中央区御幸通5-2-15(大同ビル2階) TEL 078-222-5380(変更なし) FAX 078-222-5381(変更なし)
2023.08.18企業情報
令和4年度の業務活動に対して、下記の表彰を受賞しました
<令和5年度 業務表彰>
表彰種別 件名 表彰団体
優良業務表彰 鹿島台地区地盤対策検討業務 国土交通省東北地方整備局
優良業務表彰 四十四田ダム再生ダムサイト右岸部地質調査 国土交通省東北地方整備局
災害対策功労者表彰 北上川下流河川事務所からの要請を受けて、防災エキスパートとして鳴瀬出張所管内の被災調査及び技術的アドバイス等の支援を行った。 国土交通省東北地方整備局
優良業務表彰 最上川上流管内災害対応業務 国土交通省東北地方整備局 山形河川国道事務所
優良業務表彰 鳴瀬川ダムダムサイト地質調査 国土交通省東北地方整備局 鳴瀬川総合開発工事事務所
優良業務技術者 令和3年度 天竜川佐久間ダム貯水池左岸上流部地質調査業務 国土交通省中部地方整備局
優良業務表彰 令和3年度 天竜川佐久間ダム貯水池左岸上流部地質調査業務 国土交通省中部地方整備局 浜松河川国道事務所
優良業務表彰
優秀建設技術者表彰
由良川管内堤防地盤解析業務 国土交通省近畿地方整備局 福知山河川国道事務所
優良業務表彰 令和3-4年度 河川管理施設空洞化対策検討業務 国土交通省四国地方整備局 徳島河川国道事務所
優秀技術者表彰 令和4年度 藤田地区地質調査(その2)業務 国土交通省九州地方整備局 川辺川ダム砂防事務所
2023.08.16IR情報
第73期中間事業報告書を掲載いたしました 令和05年度第73期 中間事業報告書を掲載しました。詳細は事業報告等をご覧ください。
2023.08.10企業情報
創立80周年を迎えました 当社は2023年7月22日に創立80周年を迎えました。
これまで当社を支えてくださったすべての皆様に厚くお礼申し上げます。
詳細はこちらをご覧ください。

2023.08.10技術情報
海洋調査協会会報誌「海洋調査」に特殊地中レーダを用いた岸壁空洞探査システムが紹介されました 一般社団法人 海洋調査協会会報誌「海洋調査」(2023年7月 153号)に、特殊地中レーダを用いた岸壁空洞探査システムが『新たな海の探求技術』として紹介されました(弊社社員 吉田 潔 執筆)。
本技術は、(1)従来の探査可能深度を維持しながら、車両により探査速度を向上させたマルチチャンネル地中レーダ探査装置(車両型)、(2)鉄筋コンクリートエプロンでの空洞探査精度を高めたマルチチャンネル地中レーダ探査装置(鉄筋対応型)を用いて、岸壁エプロン下の空洞を探査するシステムです。また、国土交通省の『港湾の施設の新しい点検技術』カタログに登録されているシステムです。

詳細については、下記のリンクをご覧ください。

一般社団法人 海洋調査協会(JAMSA)「海洋調査」(協会報)
※「海洋調査」(令和5年7月 153号)の(17)ページをご覧ください。

国土交通省 港湾:港湾の施設の新しい点検技術
2023.08.04お知らせ
関東支社受注業務で発生した事故について 2023年7月31日、「虎ノ門地下歩道」の点検業務において事故が発生し、協力業者の作業員1名が死亡しました。亡くなられた方のご冥福をお祈りするとともに、ご遺族のみなさまには心よりお悔やみ申し上げます。また、このような事態に係りみなさまにはご心配をおかけし、深くお詫び申し上げます。弊社は本件を厳粛に受け止め、適正かつ真摯に対処してまいります。
2023.07.13IR情報
第73期第2四半期決算短信(連結)を掲載いたしました 第73期第1四半期決算短信を掲載いたしました。詳細は決算短信等をご覧ください。
2023.07.01企業情報
令和4年度版「東京都一斉帰宅抑制推進企業」取組事例集が公開されました 当社がモデル企業として認定頂いている令和4年度「東京都一斉帰宅抑制推進企業」において、取り組み事例集が公開されましたのでお知らせいたします。

令和4年度版「東京都一斉帰宅抑制推進企業」取組事例集

当社取り組み事例

2023.06.19技術情報
海洋調査協会会報誌「海洋調査」に海底微動アレイ探査が紹介されました 一般社団法人 海洋調査協会会報誌「海洋調査」(2023 年 4 月 152 号)に、海底微動アレイ探査が『新たな探求技術』として紹介されました(弊社社員 村瀬 圭 執筆)。
陸上での微動アレイ探査は一般的に行われる調査ですが、海底地盤ではこれまで実施手法が確立されていませんでした。今回、弊社の長年の海洋調査技術の蓄積により確立した海底微動アレイ探査が紹介されております。

詳細については、下記のリンクをご覧ください。
一般社団法人 海洋調査協会(JAMSA)「海洋調査」(協会報)
※「海洋調査」(令和 5 年 4 月 152 号)を参照ください。

2023.06.19技術情報
地盤工学会東北支部の令和 4 年度支部賞(最優秀賞)を受賞いたしました この度、地盤工学会東北支部より、令和 4 年度 地盤工学会東北支部表彰(技術的業績部門)支部賞(最優秀賞)を受賞いたしました。

【受賞業績名】旧北上川河口部における引き込み沈下対策を併用した堤防の新設事業

本表彰は「東北地域の特性を考慮した優れた工事計画、工事実績、工事に関連した調査および計測等」の業績として、地盤工学フォーラム東北 2022〈第 41 回研究討論会〉での発表・審査を経て受賞に至りました。なお、受賞業務の遂行にあたっては東北大学 風間基樹教授をはじめとする「旧北上川軟弱地盤対策検討会」各委員の皆様、国土交通省東北地方整備局のインハウスエンジニアの皆様、旧北上川河口部復旧復興事業に関わった関係者の皆様に多大なご指導・ご助力を頂きました。この場を借りて深く感謝申し上げます。

詳細については、下記のリンクをご覧ください。
令和 4 年度 地盤工学会東北支部賞(公益社団法人地盤工学会東北支部ホームページ内)

2023.06.07技術情報
EE東北’23に出展します 2023年6月7日、8日にみやぎ産業交流センター夢メッセみやぎで、EE東北’23に出展いたします。
弊社は、維持管理・予防保全の技術分野【B-025】ブースで出展しております。
ご紹介する技術は、弊社DX技術である『異常判定AIを搭載した地中レーダ探査装置』と『SAAMシステム(アンカー法面の面的調査)』です。
入場料は無料です(※)。皆様のお越しをお待ちしております。
入場する際は「名刺の投函」または「登録カード」の記入・投函が必要です。

EE東北’23HP
https://ee-tohoku.jp/ee23/

2023.05.11企業情報
インボイス制度における適格請求書発行事業者登録番号のお知らせ 2023年10月1日より施行予定の「適格請求書等保存方式」(インボイス制度)に関して、弊社の適格請求書発行事業者登録番号をお知らせいたします。
登録番号:T7010401037591

国税庁適格請求書発行事業者公表サイトからもご確認が可能です。

2023.04.19採用情報
2024年度 2次募集を開始いたしました マイナビにてエントリーを受け付けております。

2023.04.13IR情報
第73期第1四半期決算短信を掲載いたしました 第73期第1四半期決算短信を掲載いたしました。詳細は決算短信等をご覧ください。
2023.04.13技術情報
弊社社員が岩の力学連合会 フロンティア賞を受賞しました 一般社団法人 岩の力学連合会ポータルサイトにて、令和4年度 岩の力学連合会賞各賞候補者が公表され、弊社社員 加藤猛士がフロンティア賞を受賞いたしました。フロンティア賞は、岩の力学に関連する新しい分野、学際分野で岩の力学の新境地を開いた業績または、新しい分野に対して果敢に挑戦した萌芽的業績と認められるものに贈られます。

フロンティア賞 受賞論文
『ボアホールジャッキ試験による岩盤応力と異方性ヤング率の評価法』

令和4年度 岩の力学連合会各賞の選考結果について(一般社団法人 岩の力学連合会)

2023.04.04技術情報
WIND EXPO 2023 第11回国際風力発電展に出展しました 3月15日〜17日に東京ビッグサイトにて開催された「WIND EXPO 2023 第11回国際風力発電展」に、中央開発株式会社様(https://www.ckcnet.co.jp/)とビジネスパートナーシップを組み出展しました。「WIND EXPO 2023 第11回国際風力発電展」は【スマートエネルギーWeek 春展】として開かれた7つの国際展示会のうち、風力発電に特化した展示会です。
期間中は国内外を問わず、多数のお客様に来場いただきました。大変ありがとうございました。
KGE&CKCビジネスパートナーシップからは、パンフレットをご覧いただけます。

KGE&CKCビジネスパートナーシップ

出展の様子についてはこちらをご覧ください

2023.04.04技術情報
共同研究者に選定されました 〜ミュオグラフィの可視化技術を用いた探査手法の適用性に関する研究〜 東日本高速道路株式会社より、ミュオグラフィの可視化技術を用いた探査手法の適用性に関する共同研究者に選定されました。詳細については、以下外部リンクより、公募選定結果をご参照ください。

東日本高速道路株式会社 技術公募

2023.04.04採用情報
キャリア採用・カムバック採用を募集しております キャリア採用・カムバック採用ページの更新を行いました。
詳細は下記ページをご覧ください。

募集要項(キャリア採用)

募集要項(カムバック採用)

2023.03.10技術情報
令和4年度国際セミナー「森林の防災・減災機能を強化する技術の海外展開と民間企業の参画」へ参加しました 令和5年2月1日に国立研究開発法人 森林研究・整備機構 森林総合研究所主催(後援:林野庁、環境省、内閣府政策統括官(防災担当)、独立行政法人 国際協力機構(JICA))の令和4年度国際セミナー「森林の防災・減災機能を強化する技術の海外展開と民間企業の参画」が日比谷国際コンファレンススクエアで開催されました。
セミナーでは、「ベトナムの地すべり対策」について弊社社員の菅野孝美が発表いたしました。

令和4年度国際セミナー「森林の防災・減災機能を強化する技術の海外展開と民間企業の参画」

2023.03.10技術情報
令和4年度森林の防災・減災技術の海外展開に関する技術者研修に参加しました 令和4年12月5日に森林総合研究所 REDDプラス・海外森林防災研究開発センター主催の「森林の防災・減災技術の海外展開に関する技術者研修」がMEETING SPACE AP 品川アネックスで開催されました。
研修会の中で、弊社のベトナムにおける事業展開と課題等について弊社社員の菅野孝美が発表いたしました。

森林の防災・減災技術の海外展開に関する技術者研修

2023.03.09企業情報
「東京都一斉帰宅抑制推進モデル企業」に認定されました 本制度は地震災害発生時に多くの人々が一斉に帰宅しようとすると、救命救助活動への支障や二次被害に遭うおそれがあることから、むやみに移動をせずに職場等の安全な場所に留まることを重要とし従業員の一斉帰宅抑制に積極的に取り組む企業等を認定するものです。

詳細はこちらをご覧ください。

建設通信新聞掲載記事はこちら

第三管区海上保安本部長表彰
2023.03.03技術情報
国土交通省主催 民間技術説明会に参加しました 令和5年2月7日、9日に国土交通省主催 民間技術説明会が広島港湾空港技術調査事務所と仙台港湾空港技術調査事務所で開催されました。
説明会は民間企業等で開発された新技術を港湾等の整備に有効活用するための情報提供の場として開催されました。弊社では、港湾施設の新しい点検技術カタログに登録されました「特殊地中レーダーを用いた岸壁エプロン下の空洞探査システム」について、弊社社員の山田茂治が発表いたしました。

<外部リンク>
●国土交通省 中国地方整備局 広島港湾空港技術調査事務所
【報告】『令和4年度 第1回 民間技術説明会』を開催しました

●国土交通省 東北地方整備局 仙台港湾空港技術調査事務所
「令和4年度 民間技術発表会」を開催しました(2023.2.14)

国土交通省港湾の施設の新しい点検技術

「特殊地中レーダーを用いた岸壁エプロン下の空洞探査システム」カタログ

2023.02.27IR情報
第72期定時株主総会を開催いたしました 本日、第72期定時株主総会が無事終了し、新体制となりました。
(新体制につきましては、会社概要をご参照ください)
株主の皆様におかれましては、今後とも変わらぬご支援の程よろしくお願い申し上げます。
2023.02.27技術情報
海洋調査協会会報誌「海洋調査」に弊社社員が紹介されました 一般社団法人 海洋調査協会会報誌「海洋調査」(2023年1月151号)に、弊社社員川井康右と山﨑琢哉の2名が掲載されました。
・山﨑琢哉:活躍する若手技術者 「海と仕事と鉄道と」
 国内外多様なフィールドで活躍する若手技術者の経歴、仕事内容の紹介はもちろん、休日の過ごし方など海洋調査に携わる技術者について知ることができる興味深い内容になっております。
・川井康右:第39回技術発表会報告「洋上の地質調査における打撃エネルギーの減衰を考慮したN値補正方法の提案」
 洋上のボーリング調査において標準貫入試験のエネルギーロスを計測し、伝達効率からN値補正を試みた事例報告をしています。
 また、海外の地質調査で用いられる標準貫入試験手法についても紹介しています。

一般社団法人 海洋調査協会「海洋調査」(令和5年1月 151号)
2023.02.27技術情報
地質・地盤リスク対応事例が掲載されました ~月刊「基礎工」地盤・地質リスク特集~ 月刊「基礎工」2月号にて「地質・地盤リスクへの挑戦」の特集が組まれ、弊社社員 栗林正樹、橿淵俊樹によるリスク対応事例が掲載されました。是非、ご一読ください。
・掲載報文
栗林正樹,橿淵俊樹:地盤改良における強度発現リスクへの対応事例

月刊「基礎工」最新号

月刊「基礎工」特集主題一覧 595号 2023年02月号 Vol51
2023.02.14技術情報
「斜面防災・減災106のノウハウ 技術者に必須の知識と勘所(日経BP)」にて弊社特化技術SAAMシステムが紹介されました 維持管理段階のグラウンドアンカー点検・調査に効果的な「SAAMシステム」が、奥園誠之・下野宗彦著「斜面防災・減災106のノウハウ 技術者に必須の知識と勘所(日経BP)」の第5章にて紹介されました。激甚災害が増加する近年において必携すべき良著です。
詳細については、こちらをご覧ください。

〔購入はこちらから〕日経BOOKプラス
2023.02.14技術情報
アンカー勉強会(調査事例検討会)が弊社で開催されました 令和5年2月2日、グラウンドアンカー維持管理の研究分野において第一人者である三重大学大学院 酒井俊典教授主催の 「アンカー勉強会(調査事例研究会)」が、弊社で開催されました。
本勉強会は、酒井先生のお声がけでアンカーの維持管理に関わる研究者・管理者・実務者の有志が集まり、毎年初春にアンカー調査・研究事例を題材に意見交換を行っています。
今回の勉強会には会場45名、Web40名の併せて80名以上の参加者があり、活発な議論が行われました。
次回開催日は未定ですが、ご興味のある方は下記事務局までお問合せ下さい。

合同会社 アンカーアセットマネジメント研究会

勉強会開催の様子についてはこちらをご覧ください。
2023.02.14IR情報
取締役会の実効性に関する分析・評価を実施いたしました 詳細は取締役会の実効性評価についてをご覧ください。
2023.01.27技術情報
GeoKanto2022にて特化技術のグラウンドアンカー健全度調査システムを紹介しました 令和4年11月24日、25日に(公社)地盤工学会関東支部主催 GeoKanto2022 が開催されました。関東支社保全部の高梨俊行が『SAAMシステムによるグラウンドアンカーの健全度調査』を発表し、グラウンドアンカーに対するメンテナンスの必要性について説明し、特化技術を用いたグラウンドアンカー健全度調査のPRを行いました。

発表概要についてはこちらをご覧ください。

2023.01.27技術情報
第13回地質リスクマネジメント事例研究発表会 〜3編の論文を発表〜 第13回地質リスクマネジメント事例研究発表会が開催され、建設工事等における地質リスクのマネジメントの実例を紹介し、様々な課題について議論および共有が図られました。弊社からは3編の論文発表を行い実例紹介いたしました。
・太田史朗:鳥海山山麓の道路施工における埋没谷に堆積した高有機質土への対応事例
・榊原信夫:河川護岸工事における地すべりリスク発現と対応事例
・利根穂志美:傾斜地盤における側方流動の発生と対策について

発表の様子はこちらをご覧ください。

2023.01.27技術情報
JAXA宇宙探査イノベーションハブの研究提案に採択されました 第8回研究提案募集(RFP)におきまして、弊社地中レーダ探査深層化技術に基づく研究提案が採択されました。
今後は、月面等の宇宙地下探査を視野に入れて地中レーダ機器の研究開発を進めて参ります。
詳細は下記をご覧下さい。

JAXA 宇宙探査イノベーションハブ

JAXA 宇宙探査イノベーションハブ 第8回 研究提案募集(RFP)結果について
2023.01.27技術情報
国土交通省「港湾の施設の新しい技術カタログ」に弊社地中レーダ探査技術が登録されました 「特殊地中レーダによる岸壁エプロン下空洞探査システム」が技術審査の上、登録されました。
詳細は下記をご覧下さい。

港湾の施設の新しい点検技術 国土交通省

港湾の施設の新しい点検技術 カタログ(案)「特殊地中レーダを用いた岸壁エプロン下の空洞探査システム」
2023.01.20企業情報
弊社社員になりすましたメールにご注意ください 弊社社員を装った「なりすましメール」が発信されている事を確認しております。
現在確認されているものはメールの差出人で弊社社員の名前を騙り、メールアドレスはドメインを含め弊社と違うものとなっていました。
これらの「なりすましメール」は弊社とは一切関係がございません。
該当のメールを受信された場合は、ウイルス感染や不正アクセスなどの危険があるため返信や本文中URLのクリックなどは決して行わず、メールごと削除していただきますようお願いいたします。
2023.01.16企業情報
創立80周年を迎えます 当社は今年7月で創立80周年を迎えます。
そこで川崎地質のこれまでのあゆみ、社章及び80周年ロゴマークついての資料を公開いたします。
詳細はこちらをご覧ください。
2023.01.16IR情報
第72期決算短信を掲載いたしました 第72期決算短信を掲載いたしました。詳細は決算短信等をご覧ください。
2022.12.26企業情報
サステナビリティビジョンを発表いたしました 詳細は川崎地質のサステナビリティビジョンをご覧ください。
2022.12.08IR情報
株式会社ユニオン・コンサルタントの株式取得(子会社化)に関するお知らせ 当社は、本日開催の取締役会において、株式会社ユニオン・コンサルタントの全株式を取得し子会社化するため、譲渡契約を締結することについて決議しましたので、お知らせいたします。
詳細はこちらをご覧ください。
2022.11.30IR情報
業績予想の修正に関するお知らせを掲載いたしました 詳細は決算短信等をご覧ください。
2022.11.30企業情報
弊社社員が日本応用地質学会研究発表会にて若手講演者奨励賞を受賞しました 10月13日、14日に開催されました令和4年度日本応用地質学会 研究発表会(大阪市)において、弊社社員の大泉涼が下記の内容で若手講演者激励賞を受賞いたしました。
大泉涼「坑道の掘削損傷領域(EDZ)評価のための割れ目調査」

詳細は日本応用地質学会Facebook(10月23日)をご覧ください。

2022.11.30企業情報
弊社社員が第三管区海上保安本部長表彰を受賞しました 9月12日「水路の日」に第三管区海上保安部(横浜市)において、第三管区海上保安本部長表彰を弊社社員 向山 建二郎が受賞いたしました。
向山氏は、海上保安庁発注の「沿岸の海の基本図」作業をはじめとした多くの水路業務に従事してきました。また、(一社)海洋調査協会が実施する港湾海洋調査研修会の講師を務めたことや同協会の調査研究委員会の地質部会長を務めてきたこと等の功績が評価されました。

第三管区海上保安本部長表彰
2022.11.02お知らせ
新入社員研修のご報告 9月28日から30日に、秋田県、岩手県、宮城県で新入社員研修を行いました。
研修では、鉱業博物館訪問、地質巡検、ダムの施工現場見学、震災・防災教育施設を訪問し、3日間充実した内容で行われました。関係者の皆さま、ご協力いただきありがとうございました。

研修内容の詳細はこちらをご覧ください。

2022.11.02採用情報
1day サマーインターンシップのご報告 ~地質断面図作成体験と土質試験体験~ 8月から9月にかけて弊社各事業所において『1day サマーインターンシップ』を開催いたしました。
今回は、『地質断面図作成体験』と『土質試験体験』をテーマに実施いたしました。そのほか、若手技術者による業務紹介や就職活動に関する質問タイムなどを設けました。
参加者からは、学んでいることと仕事との関連性を理解できた、少人数開催で質問しやすかったなど満足いただけたと思います。

詳細はこちらをご覧ください。

2022.11.02技術情報
仙台工業高校における第2回地質調査講習に講師として参加しました 東北地質調査業協会(奥山清春理事長)主催「仙台工業高校における2022 年度第2 回地質調査講習」において、当社社員の吉田透が講師を務めました。
研修では地質調査概要の座学、ボーリングや表面波探査の実演を行い、一連の作業を経験することで地質調査の理解を深めていただけました。

詳細はこちらをご覧ください。

2022.10.13IR情報
第72期第3四半期決算短信を掲載いたしました 第72期第3四半期決算短信を掲載いたしました。詳細は決算短信等をご覧ください。
2022.09.15技術情報
弊社社員が災害対策セミナーで登壇 〜東京における災害時の地質リスクについて解説〜 令和4年9月12日、東京都新宿区の区立角筈区民ホールにおいて、第4回「災害対策セミナーin東京」が開催され、東京都地質調査業協会技術委員長で弊社社員の川井康右が登壇いたしました。
セミナーでは、「首都東京における直下型地震等の大規模災害に向けた防災・減災の 取組みについて」をテーマに、弊社 川井康右は「東京都における災害時の地質リスク」について解説いたしました。

今回のセミナーについての詳細はこちらをご覧ください。

2022.09.13お知らせ
YouTube動画「若手技術者の声」を公開中 〜弊社若手技術者2名のメッセージをご紹介〜 国土交通省中部地方整備局のYouTubeチャンネルでは、現場で働く若手技術者が、携わっている現場状況、建設業を選んだ理由、これから建設業へ携わろうと考えている方々へのメッセージを「若手技術者の声」として紹介しております。
この度、当社が中部地方整備局から受託している地質調査業務において、2名の若手技術者を取り上げていただきました。両名からは、未来の技術者へ、力強いメッセージを発信しております。ぜひ動画をご覧ください。

2022.09.02企業情報
令和3年度の業務活動に対して、下記の表彰を受賞しました
<令和4年度 業務表彰>
表彰種別 件名 表彰団体 備考
優良業務表彰
優良技術者表彰
宇治川下流地区他河川構造物耐震照査設計業務 国土交通省近畿地方整備局 淀川河川事務所 2022年7月21日
優良業務表彰 阿武隈川上流上流遊水地左岸堤防設計検討業務 国土交通省東北地方整備局 福島河川国道事務所 2022年7月26日
優良業務表彰 四十四田ダム再生ダムサイト右岸地質調査 国土交通省東北地方整備局 北上川ダム統合管理事務所 2022年7月28日
災害対策功労者表彰 令和4年3月福島県沖地震 国土交通省東北地方整備局 2022年7月20日
優良業務表彰 耐委第20-1-2号 八戸港湾海岸鮫町地区耐震対策(耐震性能照査(簡易調査))業務委託 青森県三八地域県民局地域整備部 2022年7月29日
優良業務表彰 令和3年度両津港(湊地区)土質調査 国土交通省北陸地方整備局 新潟港湾・空港整備事務所 2022年7月21日
災害対策功労者表彰 令和3年度 六角川(左岸下流)家屋等浸水調査 国土交通省九州地方整備局 武雄河川事務所 2022年8月10日
全建賞 令和元年台風19号災害に伴う「鬼怒川緊急対策プロジェクト」 一般社団法人全日本建設技術協会 2022年6月28日
2022.09.01技術情報
国土技術政策総合研究所主催の研修に講師として参加しました 国土技術政策総合研究所主催「令和4年度 港湾施設維持管理コース」において、当社企画・技術本部の山田茂治が講師を務めました。
研修では、空洞化に関する点検の現状や新技術の説明をし、調査から施工までの具体的な対応について理解を深めて頂きました。
2022.09.01技術情報
仙台工業高校における地質調査講習に講師として参加しました 東北地質調査業協会(奥山清春理事長)主催「仙台工業高校における2022年度地質調査講習」において、当社北日本支社の吉田透が講師を務めました。
研修ではボーリングの実演などを通して、地質調査の重要性について理解を深めて頂きました。
詳細はこちらをご覧ください。
2022.08.05企業情報
一般社団法人全日本建設技術協会より全建賞を受賞しました 令和元年台風 19 号災害に伴う「鬼怒川緊急対策プロジェクト」に対する当社の貢献に対し、一般社団法人全日本建設技術協会より「全建賞」を受賞しました。
全建賞 受賞
2022.07.13IR情報
第72期第2四半期決算短信を掲載いたしました 第72期第2四半期決算短信を掲載いたしました。詳細は決算短信等をご覧ください。
2022.06.21企業情報
Newsweek インターナショナル誌に弊社取材記事が掲載されました 記事の内容はこちらをご覧ください。
記事の作成元であるWorldfolio 社のHP からも記事の閲覧が可能です。
2022.06.16企業情報
鹿島建設株式会社東京土木支店 支店長表彰を頂きました 2022年6月16日に、鹿島建設株式会社東京土木支店 支店長表彰を頂きました。
鹿島建設株式会社東京土木支店 支店長表彰
2022.06.15IR情報
業績予想の修正に関するお知らせを掲載いたしました 詳細は決算短信等をご覧ください。
2022.06.14企業情報
岩手県の四十四田ダム現場が地元TV に紹介されました 2022 年6 月14 日に弊社が地質調査を担当している「岩手県盛岡市の四十四田ダムの地質調査現場」が報道機関に公開され、その状況が地元ニュースで放映されました。 詳細は、添付資料ならびにニュース記事(動画)Yahoo ニュースFNN プライムオンラインをご覧下さい。
2022.06.03IR情報
個人投資家向け説明会を実施しました 詳細は個人投資家向け説明会をご覧ください。
2022.04.22IR情報
第4 回アジア・太平洋水サミットに協賛しました 当社は、2022 年4 月23 日・24 日に熊本市の熊本城ホールで開催される「第4 回アジア・太平洋水サミット」(4th Asia-Pacific Water Summit)に協賛しました。
本サミットはアジア太平洋地域の首脳級や国際機関の代表などが参加し、水に係る諸問題を議論するものです。


第4 回アジア・太平洋水サミット公式サイト(外部リンク)
https://www.4apws-kumamoto2022.jp
2022.04.13IR情報
第72期第1四半期決算短信を掲載いたしました 第72期第1四半期決算短信を掲載いたしました。詳細は決算短信等をご覧ください。
2022.03.31IR情報
第71期事業報告書を掲載いたしました 令和03年度第71期 事業報告書を掲載しました。詳細は事業報告等をご覧ください。
2022.03.01採用情報
2023年度 新卒採用のエントリー受付を開始いたしました 2023年度の新卒採用情報を更新しました。マイナビにてエントリーを受け付けております。
2022.02.25IR情報
第71期定時株主総会を開催いたしました 本日、第71期定時株主総会が無事終了し、新体制となりました。
(新体制につきましては、会社概要をご参照ください)
株主の皆様におかれましては、今後とも変わらぬご支援の程よろしくお願い申し上げます。
2022.01.14IR情報
第71期決算短信を掲載いたしました 第71期決算短信を掲載いたしました。詳細は決算短信等をご覧ください。
2021.12.24IR情報
第5次中期経営計画書を掲載いたしました 第5次中期経営計画書を掲載いたしました。詳細は中期経営計画をご覧ください。
2021.10.14IR情報
第71期第3四半期決算短信を掲載いたしました 第71期第3四半期決算短信を掲載いたしました。詳細は決算短信等をご覧ください。
2021.09.01企業情報
令和2年度の業務活動に対して、下記の表彰を受賞しました
<令和3年度 業務表彰>
表彰種別 件名 表彰団体 表彰日
優良業務表彰 大曲鷹巣道路地質調査業務 国土交通省東北地方整備局 2021年7月21日
優良業務表彰
優良技術者表彰
国道121号日光川治防災他地質調査業務 国土交通省関東地方整備局 2021年7月15日
優良業務表彰
優良技術者表彰
東京国際空港B誘導路及び西側貨物地区エプロン土質調査 国土交通省関東地方整備局 2021年7月15日
優良業務表彰 令和元年度西知多道路地質調査業務 国土交通省中部地方整備局 2021年7月19日
優良業務表彰 四十四田ダム再生ダムサイト地質調査 国土交通省東北地方整備局 北上川ダム統合管理事務所 2021年7月29日
優良業務表彰 丸森地区地質調査業務(その1) 国土交通省東北地方整備局 宮城南部復興事務所 2021年7月28日
優良業務表彰 大森地区外地質調査業務 国土交通省東北地方整備局 福島河川国道事務所 2021年8月5日
優良業務表彰
優良技術者表彰
荒川下流地質及び河床材料調査業務 国土交通省関東地方整備局 荒川下流河川事務所 2021年7月16日
優良業務表彰 新丸山ダム貯水池周辺地質調査業務 国土交通省中部地方整備局 新丸山ダム工事事務所 2021年7月20日
優良業務表彰
優良技術者表彰
松山港吉田浜地区土質調査 国土交通省四国地方整備局 松山港湾・空港整備事務所 2021年7月28日
優良業務表彰
優良技術者表彰
法川排水機場他耐震照査業務 国土交通省近畿地方整備局 福知山河川国道事務所 2021年8月3日
全建賞 平成24年7月九州北部豪雨《線状降水帯に伴う洪水被害》からの創造的復興
(白川・黒川河川激甚災害対策特別緊急事業の完成)
一般社団法人 全日本建設技術協会 2021年6月25日
2021.08.31企業情報
宮古市による当社に対する行政処分について 当社が実施した業務において、2021 年8 月21 日付で岩手県宮古市より行政処分を受けました。
詳細はプレスリリースをご覧ください。
2021.07.30技術情報
洋上風力発電事業向け水深50m対応の鋼製櫓を開発いたしました 三国屋建設株式会社と共同で国内初となる水深50m対応のボーリング用鋼製櫓を開発いたしました。
詳細はプレスリリースをご覧ください。
2021.07.13IR情報
通期業績予想の修正に関するお知らせを掲載いたしました 詳細は決算短信等をご覧ください。
2021.07.13IR情報
第71期第2四半期決算短信を掲載いたしました 第71期第2四半期決算短信を掲載いたしました。詳細は決算短信等をご覧ください。
2021.06.02IR情報
業績予想の修正に関するお知らせを掲載いたしました 詳細は決算短信等をご覧ください。
2021.04.13IR情報
第71期第1四半期決算短信を掲載いたしました 第71期第1四半期決算短信を掲載しました。詳細は決算短信等をご覧ください。
2021.03.22技術情報
川崎地質と(株)ウインドパルが洋上風力発電事業の海底地質調査で営業協力を締結しました 川崎地質と(株)ウインドパルとの営業協力に関するプレスリリースを行いました。
詳細はプレスリリースをご覧ください。
2021.02.12IR情報
新型コロナウイルス(COVID-19)に伴う当社第70 期定時株主総会における対応を掲載いたしました 詳細はプレスリリースをご覧ください。
2021.01.28企業情報
中部支社 岐阜営業所が移転いたしました このたび弊社の中部支社岐阜営業所が下記に移転いたしましたので、お知らせいたします。
(詳細は事業所一覧をご覧ください)
・新住所:〒500-8388 岐阜市今嶺1-22-5-203 TEL 058-277-0501(変更なし) FAX 058-277-0502(変更なし)
・移転日:2021年 1月 14日
2021.01.25企業情報
三重県環境生活部廃棄物対策局による厳重注意処分について 当社が実施した業務において、2021年1月23日付で三重県環境生活部廃棄物対策局長より厳重注意処分を受けました。
詳細はプレスリリースをご覧ください。
2021.01.14IR情報
第70 期決算短信を掲載いたしました 第70 期決算短信を掲載しました。詳細は決算短信等をご覧ください。
2021.01.08企業情報
新型コロナウイルス(COVID-19 )感染拡大防止に向けての対応について 当社は、政府のコロナウイルス感染症予防のための緊急事態宣言を受け、1都3県に所在する事業所において、業務に支障のない範囲で、在宅勤務に移行いたします。
詳細はプレスリリースをご覧ください。
2021.01.08企業情報
社員の新型コロナウイルス感染について 令和3年1月6日(水)、首都圏事業本部に勤務する社員(東京都在住)が、新型コロナウイルスに感染していることが確認されました。
当社では、今後不幸にも感染・濃厚接触が判明した場合においても、所管保健所の指導に従い、自宅待機および経過観察を行います。また、既に同事業所内の消毒を終えております。
当社では引き続き、社内外への感染防止と従業員、協力会社様の安全確保を最優先に考え、政府・自治体の方針に基づき、迅速に対応してまいります。関係者の皆様におかれましては、何卒ご理解を賜りますようお願い申し上げます。
2020.12.08採用情報
「求める人材像」社長メッセージ動画、「会社紹介」動画をアップいたしました 詳細は「川崎地質が求める人材像」「川崎地質の会社紹介」をご覧ください。
また、「会社紹介PDF」(8.62MB)もアップいたしました。
2020.10.13IR情報
第70期第3四半期決算短信を掲載いたしました 第70期 第3四半期決算短信を掲載しました。詳細は決算短信等をご覧ください。
2020.08.04企業情報
令和元年度の業務活動に対して、下記の表彰を受賞しました
<令和2年度 業務表彰>
表彰種別 件名 表彰団体 備考
優良業務表彰 福島県における国営追悼・祈念施設(仮称)地質調査業務 国土交通省東北地方整備局 東北国営公園事務所
優良業務表彰 阿武隈川下流被災原因分析業務 国土交通省東北地方整備局 仙台河川国道事務所
優良業務表彰 令和元年台風19号に伴う阿武隈川上流地区破堤状況調査 国土交通省東北地方整備局 福島河川国道事務所
優良業務表彰 鳴瀬川総合開発貯水池周辺地すべり地質調査 国土交通省東北地方整備局 鳴瀬川総合開発工事事務所
優良業務表彰
優秀技術者表彰
高知港海岸土質調査(その(1)) 国土交通省四国地方整備局 高知港湾・空港整備事務所
優秀技術者表彰 中城湾港土質調査業務(その2) 内閣府沖縄総合事務局開発建設部 那覇港湾・空港整備事務所
災害対策功労者表彰 令和元年台風第19号災害対応に貢献 国土交通省東北地方整備局 仙台河川国道事務所
災害対策功労者表彰 令和元年台風第19号災害対応に貢献 国土交通省東北地方整備局 福島河川国道事務所
災害対策功労者表彰 令和元年台風第19号災害対応に貢献 国土交通省東北地方整備局 令和2年6月17日発表済み
災害対策功労者表彰 令和元年台風第19号災害対応に貢献 国土交通省関東地方整備局 令和2年6月17日発表済み
災害対策功労者表彰 令和元年台風第19号災害対応に貢献 国土交通省北陸地方整備局 令和2年6月17日発表済み
災害復旧等功労業者表彰 令和元年度 六角川(左岸下流)家屋等浸水調査 国土交通省九州地方整備局
2020.07.10IR情報
第70期第2四半期決算短信を掲載いたしました 令和01年度第70期 第2四半期決算短信を掲載しました。詳細は決算短信等をご覧ください。
2020.07.06IR情報
業績予想の修正に関するお知らせを掲載いたしました 詳細は決算短信等をご覧ください。
2020.06.17企業情報
令和元年の災害対応に貢献し、感謝状をいただきました
表彰理由 表彰団体
令和元年台風第19号災害対応に貢献 国土交通省東北地方整備局
令和元年台風第19号災害対応に貢献 国土交通省関東地方整備局
令和元年台風第19号災害対応に貢献 国土交通省北陸地方整備局
令和元年八月豪雨災害復旧作業対応に貢献 国土交通省九州地方整備局 武雄河川事務所
2020.05.07企業情報
【新型コロナウイルス(COVID-19 )感染拡大防止に向けての延長対応について】のお知らせ 当社は、政府のコロナウイルス感染症予防のための緊急事態宣言を受け、全社において業務に支障のない範囲で基本的に在宅勤務に移行しておりますが、2020年5月4日付にて当該緊急事態宣言が2020年5月末までと延長されたことから、当社におきましても当該対応を延長させていただきます。
詳細はプレスリリースをご覧ください。
2020.04.08企業情報
【新型コロナウイルス(COVID-19)感染拡大防止に向けての対応について】のお知らせ 当社は、政府のコロナウイルス感染症予防のための緊急事態宣言を受け、全社において、業務に支障のない範囲で、基本的に在宅勤務に移行いたします。
詳細はプレスリリースをご覧ください。
2020.03.31IR情報
第69期事業報告書を掲載いたしました 令和01年度第69期 事業報告書を掲載しました。詳細は事業報告等をご覧ください。
2020.01.15IR情報
第69期決算短信を掲載いたしました 平成31年度第69期 決算短信を掲載しました。詳細は決算短信等をご覧ください。
2019.11.11技術情報
AI を活用した道路点検パトロール業務に関する情報を公開しました 「AI を活用した道路点検パトロール業務」に関するプレスリリースを行いました。詳細はプレスリリースをご覧ください。
2019.10.10IR情報
第69期第3四半期決算短信を掲載いたしました 2019年度第69期 第3四半期決算短信を掲載しました。詳細は決算短信等をご覧ください。
2019.08.30IR情報
第69期中間事業報告書を掲載いたしました 令和01年度第69期 中間事業報告書を掲載しました。詳細は事業報告等をご覧ください。
2019.08.16企業情報
平成30年度の業務活動に対して、下記の表彰を受賞しました <令和元年度 業務表彰>
表彰種別 件  名 表彰団体
優良業務表彰 雄物川下流芝野地区堤防強化検討業務 国土交通省東北地方整備局 秋田河川国道事務所
優良業務表彰 磐城地区軟弱地盤解析業務 国土交通省東北地方整備局 磐城国道事務所
2019.07.11IR情報
第69期第2四半期決算短信を掲載いたしました 2019年度第69期 第2四半期決算短信を掲載しました。詳細は決算短信等をご覧ください。
2019.04.11IR情報
第69期第1四半期決算短信を掲載いたしました 平成31年度第69期 第1四半期決算短信を掲載しました。詳細は決算短信等をご覧ください。
2019.03.28IR情報
第68期事業報告書を掲載いたしました 平成30年度第68期 事業報告書を掲載しました。詳細は事業報告等をご覧ください。
2019.01.15IR情報
第68期決算短信を掲載いたしました 平成30年度第68期 決算短信を掲載しました。詳細は決算短信等をご覧ください。
2018.10.11IR情報
第68期第3四半期決算短信を掲載いたしました 平成30年度第68期 第3四半期決算短信を掲載しました。詳細は決算短信等をご覧ください。
2018.08.27企業情報
平成29年度の業務活動に対して、下記の表彰を受賞しました <平成30年度 業務表彰>
表彰種別 件  名 表彰団体
優良業務表彰
優秀技術者表彰
横浜港本牧沖土質調査 国土交通省関東地方整備局
優良業務表彰
優秀技術者表彰
H29利根川上流管内地質調査業務 国土交通省関東地方整備局
優良業務表彰
優秀技術者表彰
平成29年度高山清見道路地質調査業務 国土交通省中部地方整備局
優良業務表彰
優秀技術者表彰
H28日光砂防管内砂防施設地質調査業務(その2) 国土交通省関東地方整備局
日光砂防事務所
優良業務表彰 三陸北地区地質調査 国土交通省東北地方整備局
三陸国道事務所
2018.08.24IR情報
第68期中間事業報告書を掲載いたしました 平成30年度第68期 中間事業報告書を掲載しました。詳細は事業報告等をご覧ください。
2018.07.12IR情報
第68期第2四半期決算短信を掲載いたしました

平成30年度第68期 第2四半期決算短信を掲載しました。詳細は決算短信等をご覧ください。

2018.07.06IR情報
業績予想の修正に関するお知らせを掲載いたしました

詳細は決算短信等をご覧ください。

2018.06.11技術情報
洋上風力発電建設に係る技術資料を掲載しました

弊社保有の技術・機器・設備によって、一貫した施工で海域の地盤データを提供いたします。詳細はこちらをご覧ください。

2018.04.12IR情報
第68期第1四半期決算短信を掲載いたしました

平成30年度第68期 第1四半期決算短信を掲載しました。詳細は決算短信等をご覧ください。

2018.03.30IR情報
第67期事業報告書を掲載いたしました

平成29年度第67期 事業報告書を掲載しました。詳細は事業報告等をご覧ください。

2018.01.15IR情報
第67期決算短信を掲載いたしました 平成29年度第67期 決算短信を掲載しました。詳細は決算短信等をご覧ください。
2017.12.01採用情報
先輩からのメッセージ、新入社員研修、採用FAQを公開いたしました 採用情報に、先輩からのメッセージ新入社員研修採用FAQを公開いたしました。
2017.10.26IR情報
第67期第3四半期決算短信を掲載いたしました 平成29年度第67期 第3四半期決算短信を掲載しました。詳細は決算短信等をご覧ください。
2017.09.04技術情報
深層学習基盤サービス「Zinraiディープラーニング(富士通株式会社)」を活用したAIによる路面下空洞解析技術を開発いたしました

また、当技術の解析委託サービスを開始いたします。詳細はプレスリリースをご覧ください。

2017.08.23IR情報
第67期中間事業報告書を掲載いたしました

平成29年度第67期 中間事業報告書を掲載しました。詳細は事業報告等をご覧ください。

2017.07.27企業情報
平成28年度の業務活動に対して、下記の表彰を受賞しました
<平成29年度 業務表彰>
表彰種別 件名 表彰団体
優良業務表彰 旧北上川盛土影響対策調査検討業務 国土交通省東北地方整備局
優良業務表彰 釜石大槌地区地質調査 国土交通省東北地方整備局
優良業務表彰 一関遊水地地質調査業務 国土交通省東北地方整備局
岩手河川国道事務所
優良業務表彰
優秀技術者表彰
平成28年度多摩川水系地質調査業務 国土交通省関東地方整備局
優良業務表彰
優秀技術者表彰
H28荒川下流管内地質調査業務 国土交通省関東地方整備局
荒川下流河川事務所
優良業務表彰
優秀技術者表彰
H28富士川水系地質調査業務 国土交通省関東地方整備局
甲府河川国道事務所
優良業務表彰
優秀技術者表彰
H28統合物理探査による河川堤防の評価検討業務 国土交通省関東地方整備局
関東技術事務所
優良業務表彰
優秀技術者表彰
真岡労基署(16)敷地調査 国土交通省
関東地方整備局
宇都宮営繕事務所
優良業務表彰
優秀技術者表彰
H28厚木秦野道路秦野区間地質調査(その1)業務 国土交通省関東地方整備局
横浜国道事務所
優良業務表彰 那覇港(新港ふ頭地区)土質調査業務 内閣府沖縄総合事務局
那覇港湾・空港整備事務所

2017.07.12IR情報
第67期第2四半期決算短信を掲載いたしました 平成29年度第67期 第2四半期決算短信を掲載しました。詳細は決算短信等をご覧ください。
2017.05.16技術情報
道路陥没を防ぐ川崎地質の路面下空洞探査への富士通のAI 技術活用に関する情報公開をしました 「道路陥没を防ぐ川崎地質の路面下空洞探査に富士通のAI 技術を活用」に関するプレスリリースを行いました。
詳細は プレスリリース をご覧ください。
2017.02.14技術情報
川崎地質、(株)富士通交通・道路データサービス、(株)東芝による舗装面及び路面下情報管理サービスに関する情報を公開しました 川崎地質、(株)富士通交通・道路データサービス、(株)東芝の3社で「簡便な舗装面点検手法の確立及び路面下情報の一元的管理・見える化」に向けてのサービスを準備しています。
2017.01.12技術情報
車両牽引式マルチチャープレーダ 紹介映像を公開いたしました 従来技術の2 倍以上の探査深度を持つパルス圧縮方式を複数搭載した車両牽引式マルチチャープレーダを開発、その紹介映像を公開いたしました。
2016.11.28技術情報
川崎地質と(株)富士通交通・道路データサービスが道路の健全性診断事業で提携しました 川崎地質と(株)富士通交通・道路データサービス(FTRD)との事業提携に関するプレスリリースを行いました。
詳細は プレスリリース をご覧ください。
2016.09.15企業情報
平成27年度の業務活動に対して、下記の表彰を受賞しました
<平成28年度 業務表彰等>
表彰種別 件名 表彰団体
優良業務表彰 鳴瀬川総合開発ダムサイト左岸地質調査業務 国土交通省東北地方整備局
鳴瀬川総合開発調査事務所
優良業務表彰 横堀地区地質調査業務 国土交通省東北地方整備局
湯沢河川国道事務所
優良業務表彰
優秀技術者表彰
小黒部谷資材運搬道路(トンネル)地質調査業務 国土交通省北陸地方整備局
黒部河川事務所
優良業務表彰
優秀技術者表彰
皇宮警察本部御料牧場警備隊庁舎(15)敷地調査 国土交通省関東地方整備局
宇都宮営繕事務所
優良業務表彰
優秀技術者表彰
H27のり面・土木構造物点検業務 国土交通省関東地方整備局
甲府河川国道事務所
優良業務表彰
優秀技術者表彰
平成27年度 安倍川河川堤防地中探査業務 国土交通省中部地方整備局
優良業務表彰 平成27年度 名古屋港金城ふ頭地区岸壁(-10.5m)土質調査 国土交通省中部地方整備局
名古屋港湾事務所
優良業務表彰 平成27年度矢部川・嘉瀬川護岸等測量設計業務 国土交通省九州地方整備局
筑後川河川事務所
感謝状 鹿島台地区外樋管被災状況把握検討業務 国土交通省東北地方整備局
北上川下流河川事務所

2016.07.12IR情報
第66期第2四半期決算短信を掲載いたしました

平成28年度第66期 第2四半期決算短信を掲載しました。詳細は決算短信等をご覧ください。

2016.05.10技術情報
探査深度3m 以上の能力を持つ牽引式空洞探査車を開発しました 従来技術の2 倍以上の探査深度を持つパルス圧縮方式を複数搭載した、牽引式空洞探査車を開発し、地下空洞調査等の事業拡大と発展の推進を行うこととなりました。



このページのトップへ

Copyright All right reserved Kawasaki Geological Engineering Co., Ltd.